マッチドバッテリーとは

電動ラジコンカーのバッテリーは1.2Vの電池を6本直接につないで7.2Vして利用していますが、この6個のセルは均一の性能ではないことがほとんどで、電圧の高いものや容量の少ないものなどが入り混じっています。
同じ品質のセル同士が組まれていない状態なのです。

性能の高いセルを組み合わせていも、品質の悪いセルが一つ含まれていると性能低下を引き起こし、最大限の能力を発揮することができなくなってしまいます。

これを解消するために、たくさんのバッテリーの中から品質の異なるセルを除外して、品質の近いバッテリーと組み合わせる作業のことをマッチドといいます。
マッチドの結果、最適な状態に組み合わされたセルのことをマッチドバッテリーと呼んでいます。 <スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。