デフの種類

ギアデフ
ベベルギアと呼ばれる傘型のギアを内蔵しているデフです。
組み立てやメンテナンスが容易なので、ビギナー向けのデフと言えます。
デフケースの中に専用のオイルをいれることによって、デフの効き具合を調整することが可能です。
コーナーリング中にイン側のタイヤが浮いてしまうと、アウト側のタイヤにも駆動力が伝わらなくなる欠点があります。

ボールデフ
ギアの替わりに金属製の小さなボールを2枚のプレートで挟み込み、その摩擦力で回転差を吸収します。
組み立てや、調整方法が難しいため上級者向けのデフです。
イン側のタイヤが浮いても、アウト側のタイヤには駆動力が伝わるため、コーナーリング中の挙動が安定します。

ワンウェイデフ
一定方向にだけ回転するベアリングを組み込んだパーツです。
正確にはデフではありませんが、アクセルOFF時にフロントタイヤ左右がフリー回転となるために、曲がりにくい4WD車の弱点を克服するには必須のパーツと言えます。
コーナーリング中にアクセルON・OFFすると挙動にクセがでるため、高い運転技術が必要になります。



<スポンサーリンク>

| 駆動系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。