サスペンションとは?

走行中のラジコンカーは常に路面からの振動を受けています。
もしサスペンションがなければ、ラジコンカーは飛び跳ねるような状態になってしまい、安定して走行させることができません。
そこで、ラジコンカーにはサスペンションと呼ばれるパーツが装着されています。
このサスペンションがあるおかげで、タイヤはグリップし、スムーズなコーナーリングや走行が可能になるのです。

サスペンションの種類
ラジコンで使われているサスペンションは大きく分けて「フリクションタイプ」と「オイルダンパー」の2種類に分けることができます。

「フリクションタイプ」は、路面からの衝撃をスプリングのみで吸収するタイプのサスペンションです。
シリンダー内にオイルを注入しないので、組み立てやメンテナンスが簡単なことがメリットです。
そのため、フリクションタイプのサスペンションはノーマルのキットに組み込まれていることが多いですが、細かい調整を行うことができないので、速さを追求しはじめるとそこがデメリットとなってきます。

「オイルダンパー」には「ダイヤフラム式」と「エアレーション式」の2種類があります。
「フリクションタイプ」のサスペンションは、スプリングの伸縮のみだけで衝撃を吸収しているので、一度衝撃を受けるとしばらくバウンドを続けてしまいます。
この間のラジコンカーはとても不安定な状態になりやすくなってしまいます。
このバウンドを制御するために、サスペンションの中にオイルを注入したのが「オイルダンパー」です。
サスペンションとしてとても優秀なオイルダンパーですが、組み立てやセッティングやメンテナンスが複雑なので初心者にはハードルが高いかもしれません。

サスペンションは、自分の技量に合わせて選びたいパーツの一つと言えます。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。