ラジコンカーの車高

24565754767_8d3961aa8d.jpg
photo credit: Highgrip LMP Pleinfeld via photopin (license)

車高とは、地面とラジコンカー・シャーシー下面との距離のことを言います。
一般的に、車高を上げると重心が高くなるのでロール量が増えます。

低グリップの路面などでは、車高を上げてロール量を増やすとタイヤがグリップしやすくなります。
逆に路面のグリップが高い場合は、車高が高いとロール量が多すぎて車が横転してしまうことがあので、車高を落としたほうが安定性がでます。

また、フロントとリアの車高を変えることで、ラジコンカーのハンドリング特性を変えることができます。
フロントをリアより下げた場合は、重心がフロントに寄るためオーバーステア傾向になります。
リアをフロントより下げた場合は、重心がリアに寄るのでマイルドなアンダーステア傾向になります。

◆車高変更の効果
前後上げる:ロール量が増える(低グリップ路面で有効)
前後下げる:ロール量が減る(高グリップ路面で有効)
フロントのみ上げる:アンダーステア傾向
リアのみ上げる:オーバーステア傾向